任意売却 任意売却

任意売却についてご説明

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンが払えない・滞納している等の理由で、いずれ所有不動産が競売(強制競売)になってしまう場合に債権者(金融機関)との交渉により同意を得て、一般市場で家を売却することをいいます。
競売になると所有者の意思とは関係なく売却されてしまいますが、任意売却は所有者の意思(任意)で売却できます。
また、競売より高く売れるため残債(住宅ローン)を減らすことができ、大きなメリットとなります。

任意売却と競売の違い

◎任意売却の場合

債権者との交渉が可能。不動産会社の販売力が重要!
任意売却は売主と買主、そして債権者様(金融機関等)の間にハウスドゥが入り、
債務者様の再スタートができるように円満に解決する方法する方法です。
同時に、税金(固定資産税・住民税)や、分譲マンションの管理費や積立金の滞納があれば、
各官庁や管理組合との交渉も行います。
また、競売よりも任意売却にする方が債権者様にとっても回収額が大きくなるため、
金融機関でも積極的に任意売却を進めています。
任意売却は債務者様、債権者様の双方にとってメリットのある円満な解決方法です。

◎競売の場合

交渉の余地なし、放っておくと競売が進んでしまいます。
競売になると、所有者の意志、都合に関係なく売却されてしまいます。
債務者・債権者の関係が悪化した末の結果であり、債権者様は債権の回収のため、抵当不動産を競売によって売却します。債務者様がどの様な状況になろうと、不動産の売却による資金回収のみが目的になり、債務者様への配慮はありません。
引渡しが遅れると回収も遅れるので、強制的(法律的)に追い出されてしまいます。

任意売却と競売の違い

比較項目 任意売却 競売
売却価格 市場価格とほぼ同じ金額 ×市場価格の4~6割程度
プライバシー 事情を知られず売却が可能 ×近所・職場に知られる可能性あり
引越し代 捻出可能 ×捻出不可能
資金の持ち出し 一切なし 基本的になし
返済に使える金額 多い ×少ない
現金がのこる可能性 ある ×ほぼ無い
残責務の交渉 できる ×できない
撤去日 事前協議の上決定できる ×裁判所からの強制執行もある
完了までの期間 短め ×長め

ご相談から解決までの簡単な流れ

無料相談Free consultation
まずは、現在の状態や、お悩み、ご依頼内容を具体的にお聞きします。
現状分析Survey & Assessment
ヒアリングで得た情報をもとに現状を分析し、ベストな方法をご提案致します。
媒介契約Mediation agreement
提案内容・方法にご納得頂いた上で、ハウスドゥがあなたの仲介代理人となります。
不動産査定Selling activity
地域の相場やその他のデータを元に、売却価格を査定します。
債権者との交渉Real estate sales contract
経験豊富なハウスドゥが、あなたに代わり、債権者と交渉します。
不動産売買契約Preparation for property handover
買主が見つかり次第、あなたと買主の間で売買契約を締結します。
抵当権の抹消Delivery of property
債権者に抵当権の抹消や、競売の取り下げをしてもらいます。
物件の引き渡しDelivery of property
物件を引き渡してすべて完了し、新しい生活のスタートです。
ご相談、物件の査定は無料で行っています。お気軽にご相談ください
フリーダイアル:0120-555-089 無料相談・無料査定はこちらのメールフォームから